住宅ローンの借り換えは同じ銀行の方がお得になるのはなぜ?

*

住宅ローンを借り換える時同じ銀行の方がお得になるってホント?

住宅ローンを借り換えようとしている皆さん!!ちょっと立ち止まってください!

その銀行で借りようとしている金利本当に一番安いですか?

実はもっと安い金利があるんじゃないですか?

いくつの銀行に住宅ローンの相談に行きましたか?

なぜもっと安い金利があるのではないか?というか
その理由は
住宅ローンの金利の決め方にあります。

住宅ローンの金利の決め方

どのようにして住宅ローンの金利は決まるのかというと、
銀行員によって決まります。

ある程度の幅はあるのですが、
最終的にいくらの金利にするかというのは、

目の前にいる銀行員次第であることが多いです。

銀行というのは、皆さんが住宅ローンを組む際の金利で利益を出しています。

もしそれが0%に近づけば近づくほど、自分たちの利益が少なくなることを意味しています。

でも、他の銀行に住宅ローンを取られてしまってもいけない

こんな攻防戦を繰り広げるための金利です。

住宅ローンの団信の保証を見直したいなら

もしあなたが住宅ローンの団信
団体信用生命保険を見直ししたいというのであれば、

他の銀行などに借り換えをするのが得策と言えます。

これまでは普通の死亡保障だったけど、

がんの時にも有効ながん団信に変更したいなど
もっと保証の手厚いものに変えたい
だったり

逆に普通の死亡保障だけにしたいとかならば

他の銀行で借り換えるのもメリットがあると思います。

でももし、金利だけを下げたいというのであれば、
同じ銀行の方がお得になるかもしれません。

同じ銀行で住宅ローンを借り換えるって?

同じ銀行で住宅ローンを借り換えるとは一体どういうことでしょうか?
また通常他の銀行に借り換えをするよりどれくらいお得になるのでしょうか?

だれでも同じ銀行で住宅ローンを借り換えることができるのでしょうか?

この疑問に迫っていきたいと思います。

同じ銀行で住宅ローンを借り換えるとは?

厳密にはこれは借り換えとは言いません。
住宅ローンの金利を引き下げる、条件を変更する
と言います。

今現在の住宅ローンの契約から金利だけを引き下げるというものです。
そのため、
通常住宅ローンの借り換えをすると、保証料だったり、抵当権設定のための費用がかかるのですが、

こういった諸費用がそれほどかかることなく、
住宅ローンの金利を引き下げることができます。

費用はかかるはずです。
でも住宅ローンを借り換えするよりははるかに安い費用です。

ただ、この住宅ローンの金利を引き下げるのには注意が必要なんです。
これを他の銀行に借り換えをするよりどれくらい得になるのかと合わせて
解説していきたいともいます。

金利を同じ銀行で引き下げる際の注意点とお得になる金額

住宅ローンを他の銀行で借り換える時と比べてどれくらいお得になるのか

というと、

諸費用の50万円ほどとその利息分が通常ではお得になってきます

なのでだいたい80万円前後
普通に他の銀行に住宅ローンを借り換えするよりもお得になります。

ただこれは、他の銀行と同じ金利で引き下げることができた場合

です。

もし他の銀行よりも金利が高かった場合は、そんなに変わらなくなってしまいます。
そこで問題なのが

どうすれば、他の銀行と同じ金利で引き下げをしてもらうことができるか
最初に言っておくと、誰でも安い金利で引き下げをしてもらうことはできません。

おそらく8割の人がまだ金利がさがるのに、その条件で引き下げをしているはずです。

誰でもできる?!一番安い金利で引き下げをしてもらう方法

住宅ローンの金利で最安値を引き出すには
コツがいります。
このコツさえつかめば
誰でも簡単に金利の引き下げをしてもらうことができます。

とても重要なことを話していくので、しっかり覚えてください。

・住宅ローンの金利は交渉ができる
・銀行は他にお客さんを取られたくない

この2つをベースに金利を最大限まで安くしてもらうことができます。

住宅ローンの金利はある程度交渉することができます。

その時に必要になってくるのが、
他の銀行に住宅ローンを借り換えてしまうかもしれないという恐怖感を銀行に与えることです。

実際に他の銀行で住宅ローンの借り換え相談をしていることを伝えると、
みるみるうちに金利が下がります。

たいていの場合は、うちも他の銀行で受けている提案に合わせます
というものです。

他の銀行の金利に合わせてもらい
さらに金利の引き下げをしてもらえば
一番ベストな方法で金利を下げることができますよね。

金利交渉を有利に運ぶ持っていくべきアイテム

「他の銀行の金利に合わせます!」というこの言葉を銀行から引き出すためには、

実際に他の銀行で借り換えを検討しているということを伝えるのが必要だと言いました。

中でも効果的なのが、実際に金利が乗っているシュミュレーションを持っていくことです。
それをすると、ほぼ間違いなく、金利を下げることができます。

そこで便利なのが
【住宅ローン借り換え一括見積サイト】です。
153.187.109.103
このサイトを利用することで、
わざわざ銀行に行かなくても、他の銀行のシュミュレーションを手に入れることができます。

さらにこの住宅ローン借り換え一括見積サイトはネット系銀行が多いため

一番安い金利のシュミュレーションを手に入れることができます。

このシュミュレーションを持ち、今借りている銀行へ金利の交渉へ行くことを

オススメします。

公開日:
最終更新日:2016/06/05