1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫住宅ローンも家電と同じで比較する方が金利が下がる?

住宅ローンも家電と同じで比較する方が金利が下がる?

“今も昔も変わらない夢の一つがマイホームを持つことです。

でもやはり手元資金だけでは難しいのが現実です。

そんなマイホームの夢に近づく助けになるのが住宅ローンです。

でも住宅ローンという名前は知っていても、住宅ローンとは何か、

住宅ローンを組むためには何が必要かなど、

詳しく知らないという人も多いと思います。

それで住宅ローンについてその概要を考えてみたいと思います。

まず住宅ローンとは何かという点を一言で言うと、

住宅購入という目的に沿ったローンつまり分割返済で行う借金の事です。

こうしたローンには目的を定めないフリーローンと目的別ローンがありますが、

住宅ローンはその名の通り住宅を購入するという目的に特化したローンです。

この住宅ローンを提供している金融機関はたくさんあります。

例えば様々な銀行には住宅ローンがありますし、

労働金庫や信用金庫、各種消費者金融、住宅ローン専門の金融機関もあります。

また借入れたお金にかかる金利や返済方式も様々ですので

自分に合った住宅ローンを見つけることも大切です。

特に住宅ローン選びで大切になるのがどの金利タイプを選ぶかという点です。

住宅ローンの金利は大きく分けると固定金利型と変動金利型の2つに分けることができます。

固定金利型は最初に設定した金利で最後まで返済を行っていきます。

一般的に変動金利型の住宅ローンよりも高めに設定されていることが多いです。

しかし情勢によって変化しないので計算しやすいのが特徴です。

変動金利型とはその時に経済情勢などにより金利が変動するタイプの借り入れです。

つまり金利が上昇すれば借入にかかる利息も上昇しますし、

経済状況によっては非常にリーズナブルな金利で返済することができるのです。

どちらのタイプを選択するかは借入期間やその時点での経済状況によって異なりますので、

専門家のアドバイスと共に決定するのが賢明です。

住宅ローンを受けるためには、審査がありますので自分に合った住宅ローンを探すことが大切となりますので、

様々な住宅ローンを比較検討する事も大事な準備と言えます。

住宅ローンだから、銀行だから、貸してもらうからといって臆することはありません。

今は低金利の時代で、チャンスです。

いろんな銀行と比較して、
一番安い金利で借りるようにしましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。