1. ホーム
  2. 未分類
  3. ≫住宅ローンの返済に困ったら借り換えを考えるべき?

住宅ローンの返済に困ったら借り換えを考えるべき?

住宅ローンは人生で一番大きな借金という人も多いのではないでしょうか。

そのために返済期間が何十年と続くのが住宅ローンの特徴といえます。

返済期間が長いということはその時々の経済状況というのをかなり先々まで想定して住宅ローンを組まなければいけないということです。住宅ローンへの意識も一昔とは違ってきています。

昭和の時代なら年功序列、終身雇用などという働き方で

収入の見込みを年月と共にアップしていくというふうに考えることができた時代もありました。

そういった場合の住宅ローンは最初は少なく返済し、

昇給を見込んで後半、月々の返済額を増やしていくというパターンもありましたが、

現在ではそのように想定できなくなっています。

会社もいつまでも存続し続けるとは限りませんし、

昇給も以前のようには順調に上がるものとは限らないという認識が広がったといえるでしょう。

年齢とともに収入が増えていけば購入当初は少々無理でもその内、

住宅ローンの返済額もそれほどきつくないと感じるようになっていくのではないかということで、

返済額が収入に占める割合が多かったというパターンもありがちでした。

また、ボーナス月に返済金額が大幅に増える方法もよくあります。

これもまた、景気のいい時代ならボーナスを当てにできますが、

現在の日本の景気を考えるボーナスが想定よりも少なかった場合、

ボーナス月の住宅ローン返済額アップはかなり負担になる可能性も高いといえます。

しかし、現在ではそのような住宅ローンの組み方をする人はずいぶんと減りました。

月々の返済は賃貸程度かそれよりも低い設定で住宅ローンを組む人のほうが多くなったのではないでしょうか。

そうすることで、心理的な住宅ローンのプレッシャーもかなり軽減されることもあり賃貸の家賃と、

比較されることで目安にされることもあります。

そして返済できなくなったときの選択肢を考えておくという発想もでてきて、

住宅ローンの計画もより柔軟に対処していこうという流れになっています。

もし住宅ローンの返済ができなくなってしまった時のことを考えて、
なるべく長く借りる

もしくは、

それでも返せない場合は住宅ローンの借り換えを行うことで、

返済期間を延ばすというのも手段のひとつかもしれません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。